私の趣味的ブログ

March 16, 2014

カツカレー

Filed under: 日記 — Tags: — ken @ 2:06 pm

実はまだ脇の下が痛いというか、むしろ胸全体に拡がったりしていて、これはひょっとしたらまずいのではないのか、とか疑ってしまったり、あと仕事が思うように進まなくて(まあ当たり前だが。進んだら怠けていることになる)少しいらいらしていたり、色々とあるのだった。

で、毎日かなり遅くなったりして、通勤中に本を読もうとしても数ページで気力が尽きて、コトンと寝てしまうようになってしまった。立ったままでも そうなのだから、運良く座れた時なんかはもう、あっという間である。で、大抵は降りるべき駅の手前とか、まさに停車した瞬間とかに目が醒めるのだが、今回 は駄目だった。顔を上げた途端、ドアが閉まって電車が発車したのである。 (more…)

February 28, 2014

福袋が当たる

Filed under: 社会の事 — Tags: — ken @ 1:15 am

自治会の1月定例会(というより、役所などからの書類が配られる日)は新年会と同時開催なのであった。しかも、わざわざ成人の日にやるという念の入れようである。おまけに、たかが1地域の自治会の新年会の癖に、市長とか県会議員とか市会議員とか何とか委員とか、そういう人たちを呼ぶのであった。

もちろん、市長なんかは成人式があるので最初からは出られない。なので、可哀想に成人式が済むと速攻でこっちに来たらしいのである。市長だけでなく、上記の議員さんたちも付いてきた。で、それぞれが演説するのだった。市長はまあ、仕方がないとしても、なんで議員までと思ったら、これが地元の議員だったりして。

県会議員はまさしく町内に自宅があって、自治会員でもあるらしい。演説の後、そこにいた全員に一人一人名刺を配って握手していった。政治家だねえ。でも公明党だから、私の票は期待できないな、悪いけど。市会議員の方は、名刺を配らずにそのへんのおばちゃんたちと長々と話し込んでいた。票田なんだろうな、あれが。 (more…)

January 24, 2014

寒い冬のシーズンだからこそ注文が増える車種

Filed under: 社会の事 — Tags: , — ken @ 1:35 pm

寒い冬のシーズンだからこそ注文が増える車種もあります。四駆です。4WDは積雪のある地域でもフル回転できる車です。ウィンターシーズンの前に買取に出す事ができれば、何割か評価金額が上乗せされる商機かもしれません!

車を売りたいと思っている人の多くは、現在の愛車をできるだけ高く売りたいと思い巡らしていると思います。ですが、大概の人達は、相場金額よりも安値で愛車を売ってしまっているのが現実の姿なのです。

次の車を購入するその店において、それまでの中古車を下取りに出せば、名義変更とかの厄介なプロセスも必要ないし、安定して車の買い替えが達成できます。

心配せずに、まず第一歩として、ネットの車査定サイトに依頼を出すことをアドバイスしています。信頼性の高い中古車査定サイトがたくさん出ていますから、登録するだけでもいいのでぜひやってみてください。

豊富な中古車買取業者による、お手持ちの車の査定額をすぐさま貰うことが可能です。売る気がなくても差し支えありません。あなたの愛車が今ならどれだけの価格で引き取ってもらえるのか、把握する絶好の機会だと思います。

一般的に中古車の価格というのは、その車に注文が多いかどうかや好感度の高い色か、走行距離はどのくらいか、等や瑕疵の有無などの他に、相手の買取業者や、繁忙期、為替相場などの様々な契機が結びついて最終決定されます。 (more…)

January 22, 2014

車検が過ぎてしまっていても

Filed under: 社会の事 — Tags: — ken @ 12:16 am

車検が過ぎてしまっていても車検証を持参して立会いに臨みましょう。余計なお世話かもしれませんが、通常、出張買取査定は料金不要です。売買しなかった場合でも、料金を申し入れされることはまずありません。
およその車売却予定の人達は、自己所有する車をより高い値段で売却したいと考えているものです。ところが、大概の人達は、買取相場の値段よりももっと安い値段で売ってしまっているのが実際のところです。
車の相場金額を認識しておくのは、車の売却希望があるなら絶対的にいります。愛車の見積もり金額の相場に無知なままでは車買取店の投げてきた見積もりの金額自体高いのか、低いのかも判断できないでしょう。
いかほどの金額で売る事が可能なのかは査定しなければ釈然としません。買取査定額の比較検討をしようと相場を見ても、標準価格を知っただけではお手持ちの中古車がいくらで売れるのかは確定はしません。
買取相場の価格を握っておけば、査定された価格がいまいちだったら検討させてもらうことも難なくできるので、インターネット利用の中古車査定サイトは大変役に立つ、多忙なあなたにもお勧めの便利ツールなのです。 (more…)

January 5, 2014

アイサイト

Filed under: 社会の事 — Tags: — ken @ 1:17 pm

やっと車にも乗れ半年ぶりに車ネタを・・・

アイサイトを試しました。

ぶつからない車はCMでも有名で私の車もディーラで試しました。
自分の車でも、試さないと信じない人なので
って、言うか仕事がら車両品質部なので、当然といえば当然。
30km/hで車の絵を書いたダンボールにツッコミ約80cmに前で急ブレーキで止まった。
3回共、レーンをちょっと変えて見たが3回とも止まった。
合格です。(はま~ N3じゃ足りない?)

そして、今日は”ついていく技術”を試しました。
高速道路を80km/hで走り、オートクルーズでSET
前を走る車をカメラがロックONし、ついてゆくのです。(40~100km/hで可)
この時、アクセルから足をはなしている。 (more…)

December 7, 2013

子供の事が不安…

Filed under: 生活全般 — Tags: — ken @ 6:08 pm

愚痴のための日記なのですが
やっぱり今日も愚痴です

病的に不幸を感じている
子どもが不幸になってる なっていくかもしれないという不安
淋しいという苦痛。
さみしい思いをさせているという苦痛。

物凄い苦痛。

幸福にも鈍感になっているけど、幸福を感じたところで比例して不幸も増加する。

自分は何をやっているんだと。
子どもほったらかして何をやってるんだと。

(more…)

September 30, 2013

原稿

Filed under: 社会の事 — Tags: — ken @ 1:14 am

今年の初めに日記で原稿がどうとか〆切がどうとか言っていたのは、これを含めて追い込みをやっていたからなのである。実はリハビリのつもりで書いていたのだ。いや、休業していた時は、ただもうやる気がなくてダラッとしているばかりで、原稿なんか書く気になれなかったし。だから、復業記念にちょっと自分を追い込んでみたわけだ。

1月中に3つも〆切が重なったので大変だった。特にこれは、原稿用紙20枚というめんどくさいもので、あやうく挫折しかかったくらいだった。ただ、囲碁などと同じで創作力というのはサボッていてもあまり低下しないらしく、割とスラスラ書けた。というか、書き上げたらろくに見直しもしないで即送ってしまった。見るのも嫌なのである。書き上げた原稿なんか。 (more…)

August 30, 2013

国の借金

Filed under: 生活全般 — Tags: — ken @ 12:14 pm

国の借金についてだが、この表現が間違ってる。
政府の借金が正しいようです。
政府の借金はだれから借りてるかといえば、ほとんど国民から借りてます。
政府の借金=国民の債権が正しい図式で、国民目線でみれば財産。
国民の借金なんてマスコミ等が宣伝してるが、ある意味あれは間違い。
政府の借金=国民の借金になるような図式だと、肝心な債権がどこにいったの?・・・ (more…)

June 26, 2013

性質

Filed under: 生活全般 — Tags: — ken @ 8:15 pm

時計もいくらかそういう性質があるのかもしれない。大体、なんで海水浴場の砂の中に新品の時計が落ちていて、それが私の好みにぴったりなのだろう。結局、その時計は電池が切れて止まるまで5年もったのである。

もちろん電池を入れ替えたのだが、なぜか止まってしまって、仕方なしに今はめているソーラー式の奴を買ったのだが……そうするとまた動きだし、何か意味がありそうでなさそうなのだ。ちょっと不気味だが、まあ可愛い時計である。 (more…)

June 25, 2013

頭の中から一時的に

Filed under: 生活全般 — Tags: — ken @ 8:12 am

全身全霊で遊ぶためには、色んな事を頭の中から一時的にでも消さないと、成り立たない。旅行にいって、おいしいご飯を食べたり、古い友人と再会して思い出話に花を咲かせて酒を酌み交わしたり、大大大好きなライブにいって熱狂したり。(ま、僕はライブには行きませんがw)

その遊ぶ瞬間、誰も仕事のことは考えてない。思いっきり遊んでいるなら、少なくともその一瞬は、完全に頭の中は熱狂の渦で一色のはず。お金のことやら家族のことやら雑務やらあれこれ心配事はない。あったら、本質的に遊べていない。

熱中する、夢中になる、没頭する。これらはすべて余計なことは忘れて、心が一つの状態になってること。「遊ぶこと」、とひとくくりにするのも変かもしれませんが、子どもが何も心配しないで夢中になって遊ぶ感じです。一色でいる感じ。完全にそれ以外のことは、その瞬間は忘れてる感じです。 (more…)

Older Posts »

Powered by WordPress